同性カップルの同棲生活で大変だと思うことを7つ紹介

悩める子

付き合っている彼女と同棲がしたい!同棲する上で大変なことや気を付けるべきことってあるのかな?

今回はこんな疑問をお答えしていきます!
 

 【この記事を読んでわかること】
同性カップルの同棲で大変なこと
・同棲で気を付けるポイント

同性カップルの方で同棲をしたいと考えている方はたくさんいると思います!

私も彼女と同棲生活を送っていますが、幸せなことや楽しいこと以外に、大変だなと思うことも実は結構あります。
 

のっち

もちろん彼女と一緒にいれることは幸せなんですけどね!

今回は、同棲生活において大変だと思うことについてまとめてあります。

解決ポイントも一緒に記載していますので、同棲を始めようと考えている同性カップルの方は是非チェックしてみてください!

同性カップルの同棲で大変なこと

さっそく、同棲をするうえで大変なことを7つまとめます。

・不動産が同棲を許可してくれない
・生活上での価値観にズレがある
・金銭面の揉め事が増える
・恋人の存在が当たり前になる
・恋人との連絡が雑になりやすい
・地元が遠くなる可能性がある
・家族と疎遠になる可能性がある

1つずつ、解決ポイントも合わせて説明していきます!

不動産が同棲を許可してくれない

同棲を始めるにあたり、アパートを契約しようと考えている人は多くいますよね。

物件探しの際、良い物件を見つけても、

ルームシェア不可

と決められていることがあり、同性同士の物件探しが困難になることがあります。

男女のカップルであれば認められる同棲というくくりも、同性同士だとルームシェアになってしまうんですよね。
 

のっち
私自身、不動産に一応相談してみても厳しかったことがあります。

せっかくの同棲も、探せる物件が限られてしまうのは辛いところです。

物件探しの困難さを回避するためにも、以下のポイントに気をつけてみてください。
 

【解決ポイント】
・ダメもとで不動産に相談してみる
・不動産会社を多くあたり良い部屋を見つける
・時間に余裕を持ち物件探しをする

ルームシェア不可とわかっていても、一応不動産会社に相談してみましょう!

大家さんと掛け合ってくれる可能性も0ではありません。

また、物件探し期間が短いと、選択肢の幅も狭まってしまいます。

すぐに決める予定はなくても、ある程度余裕を持って物件のアンテナを張っておくことがベストです!
 

のっち

今ではスマホから簡単に物件探しができますよ♪

生活上での価値観にズレがある

価値観のズレは同棲あるあるですよね。

・洗濯のやり方
・掃除の仕方
・家事の頻度
・休日の過ごし方
・友人との過ごし方

などなど、今まで別々の暮らしをしてきた2人が一緒に暮らすというのは、価値観のズレだらけなんです。

そのズレがお互い嫌になってしまうか、折り合いを付けて仲良く暮らせるかは、2人の暮らし方で変わるのかなと思います。

価値観のズレに対する解決ポイントは、以下の通りです。
 

【解決ポイント】
・価値観のズレは当たり前と思う
・自分の考えが普通と思わない
・とことん2人で話し合う
・相手の考えに寄り添う

自分の考えは正しいと誰しも思いがちですが、「自分の普通=相手の普通」とは限りません。
 

のっち
 なので、価値観が違うことは当たり前と思いましょう!

価値観を押し通そうとすると自分にもストレスがかかるので、どうすればうまく暮らせるか話し合うのがオススメです。

相手の意見を一度聞いてから、自分の意見を伝えるようにすると、話し合いがヒートアップしにくいですよ

金銭面の揉め事が増える

同棲を開始すると、

・引越し費用
・家賃
・光熱費
・ネット費用
・食費
・生活費

などなど、様々な共同で支払うお金が一気に増えます。

事前にどのように支払うか話し合っておかないと、同棲が始まってからの揉め事になりかねません。

特に金銭面の話は大きな喧嘩にも繋がりかねないので、注意が必要です。

金銭問題に対しての解決ポイントは以下の通りです。
 

【解決ポイント】
・固定費の支払う割合は事前に決める
・共同費用の管理方法を決める
・共同費用は家計簿を付ける
・お金に関してのもやもやはすぐ相談する

できることなら同棲前に、お互いが支払う割合や共同費用の管理方法について決めておいた方がいいです。

また家計簿を付けると、先月・先々月の支払い金額も目に見えるので、トラブルに繋がりにくいメリットがあります。

何度も言いますが、金銭面の問題は大事になりかねません。

少しでもモヤっと感じることがあれば、恋人にすぐ相談することも大切です。
 

のっち

うちでは共同財布を作り、食費と生活費はそこから出すようにしています。

恋人の存在が当たり前になる

同棲を始めた頃は恋人と暮らせることに毎日ワクワクしていても、慣れてくると当たり前の日常になってしまいがちです。

これはどんなカップルや夫婦でも起こり得ることだと思います・・・。

でも出来ることなら、毎日ドキドキワクワクしていたいですよね!

恋人との同棲生活をいつまでも魅力あるものにするためのポイントは、以下の通りです。
 

【解決ポイント】
・毎日ハグやキスをする
・記念日を大切にする
・2人で楽しめる趣味を探す
・家デートも外デートもする
・ありがとうをたくさん言う

ハグやキスをすると幸せホルモンが出ると言われており、これは恋人関係を良好に保つための秘訣だそうです。

また、同棲をしているとどうしてもおうちデートが多くなりがちですが、外でのデートも大切に。

家の中でも2人で楽しめるものがあると、仲良く笑顔で暮らすことができると思います。
 

のっち

私たちはスイッチゲームに今ハマっています!2人でプレイすると楽しいですよ♪

関連記事

悩める子 同棲している恋人と家でスイッチゲームを一緒にやりたいけど、何かおすすめのゲームはあるかな? 今回はこんな疑問にお答えしていきます!  【この記事でわかること】・2人で楽しめるおすすめスイッチゲーム コロ[…]

恋人との連絡が雑になりやすい

離れて暮らしている時は頻繁に取っていた連絡も、同棲をすると用事の連絡だけになりやすくなることも。

「家にいるからいいだろう」と些細な連絡をしないと、後から喧嘩の原因になることもあるので注意が必要です。

いつの間にかスタンプも絵文字もない会話になってしまうのも、少し寂しいですよね。
 

【解決ポイント】
・連絡は多くすることを意識
・スタンプや絵文字で愛情表現する

連絡はしないよりもした方が、相手に安心感を与えることができます。

仕事の忙しさなどを言い訳にせず、とりあえず何かあれば恋人に連絡するくらいの意識が良いのかもしれません!

また、スタンプや絵文字を使うことで、業務連絡だけの会話をストップさせることができますよ。

地元が遠くなる可能性がある

遠距離恋愛をしている同性カップルの場合、同棲場所によっては、地元が遠くなってしまうという大変さがあります。

・中間地点に住むのか
・自分の地元に来てもらうのか
・恋人の地元に行くのか
のっち
どんな場所でもメリット・デメリットは出てくると思います。

居住地の大変さを解決するポイントは以下の通りです。
 

【解決ポイント】
納得がいくまで居住地について話し合う
→性格、仕事、車の有無、親との関係性など様々な側面から考える

住む場所に関しては、とことん2人で話し合うことが1番大切です。

引越してから「地元が恋しい」という気持ちにならないように、2人の性格や仕事など色々な面から意見を出し合い、ベストな居住地を見つけていきましょう。

家族と疎遠になる可能性がある

同棲を始める際に、親に報告をする人もいますよね。

その際に親からの同意が得られないと、親との関係性が疎遠になってしまう可能性があります。

男女のカップルでも同棲を認めてくれない親がいる中で、同性同士ともなると、ハードルは更に高いのかもしれません。

親との関係性はすぐに解決できる問題ではないので、自分たちの覚悟と気の持ち様が重要となります。
 

【考えるべきポイント】
・親と疎遠になっても良い覚悟があるか
・恋人と生きていく覚悟があるか
・親が理解するまで長く待てる自信はあるか

恋人関係、同棲関係を親に認めてもらうには、かなりの時間がかかると思った方が良いです。
 

のっち
いつか良好な関係になれることを信じて、上のポイントについては同棲前に一度考えておきましょう。

【まとめ】

今回は、同性カップルの同棲生活における大変なことを7つ紹介しました。

もう一度、今回説明した項目をまとめておきます。

・不動産が同棲を許可してくれない
・生活上での価値観にズレがある
・金銭面の揉め事が増える
・恋人の存在が当たり前になる
・恋人との連絡が雑になりやすい
・地元が遠くなる可能性がある
・家族と疎遠になる可能性がある

大変だと感じることはあっても、それらは全て2人で解決し乗り越えていけるものだと思います。

大変なことにぶつかった時は、今回の記事の解決ポイントを是非取り入れてみてくださいね!

この記事が参考になれば嬉しいです。

関連記事

悩める子 同棲をしている同性カップルで、買って良かったものって何かあるのかな? 今回はこんな疑問にお答えします!  わたくし管理人のっちは、現在付き合ってる彼女と同棲を始めて約2年弱になります。 同棲をしている中で、「こ[…]

>私たちは誰よりも幸せになれる!

私たちは誰よりも幸せになれる!

同性愛者として、両親や友人へのカミングアウト・恋人との同棲などを今までに経験してきました。現在の生活に至るまでに苦しいこともありましたが、同性愛者だからこそわかる幸せもたくさん感じてきました!このブログを通して、あなたの悩みや疑問が少しでも解決されれば嬉しいです。